門出

披露宴会場で配席のコツは?

高砂前から上座になり、入り口側の端に両家両親など近い親戚が座ります。
上座からの順番は、会社の上司、会社関係、友人、親戚、家族になります。
また、結婚披露宴に招待する人数について詳しくはこちらhttp://www.theweddingcenterinc.com/syo.html

他にも、司会を頼んでいる方は、司会の場所に近い席、カメラマンをお願いする方は、壁側前方の席と、動ける様な位置に配席しましょう。
他にも、妊婦さんや足腰の弱い方がおられる場合は、壁側や出入口の近くなど出入りがしやすい場所がおすすめです。

披露宴は2時間から3時間ほどの時間がかかります。
まったく見ず知らずの方でも多少の会話はあるとおもいますので、話題が合いそうな方を隣に置くこともポイントです。
人見知りされる方と、気さくな方を別々のテーブルで分けてしまうと、そのテーブルだけ盛り上がっていないなんてことにも…。
特に、アットホームな盛り上がりを希望する場合には注意が必要です。
結婚披露宴の席次表作りのポイントはこちら。

また、当日ですが、お席に一言メッセージを書いたものを用意したり、各テーブルの名前をお二人で考えるのも素敵です。
お式にあったイメージで付けてみてはいかがでしょうか?
お花をイメージしたお式では、バラ、スイートピー、ひまわりなど二人の雰囲気をイメージしたお式では、お二人の趣味や好きなものを。
きっとお二人のイメージがにじみ出て素敵なお式になると思います。

他にも、小さいお子様をお連れのお客様の隣には、ベビーカーを置くスペースを確保しておく、外にでやすい場所にするなどのポイントも喜ばれます。
披露宴はお客様にも楽しんでいただくお式です。
ぜひ細心の注意を払って招待したお客様全員に楽しんでいただけるよう注意しましょう。
結婚披露宴で人気のある引き出物がこちらでいくつか紹介されています。
引き出物はその人にあったものを選ぶのが大変ということで、最近ではカタログタイプの引き出物が人気のようです。

お二人の気持ちがいっぱい詰まったお式が成功する事を期待しています。
こちらには結婚披露宴会場を決めるコツが掲載されています。とてもお役に立つと思うので是非ご覧になってください。

Menu