門出

ジューンブライドって何?

直訳すると、6月の花嫁。という意味です。
6月の花嫁は幸せになれるという言い伝えがあります。
昔むかし、ヨーロッパでは、3月、4月、5月の結婚が禁止されていて、解禁された6月は結婚式が多かったことと、周囲からの祝福がおおきかったのです。
特に「6月の花嫁は幸せになれる」という言い伝えが日本でも広まり、6月に結婚式を挙げるのが人気になりました。


また、ジューンとは、ギリシャ神話の主神ゼウスのお妃ヘラという女神が由来と言われる説もあります。
ヘラは最高位の女神で、女性・家庭・女性・子どもの守護神で結婚・出産を司ると言われています。
ヘラの守護月が6月のため、英語で6月がJuneとなったとも伝えられています。
ヘラを祭る祭礼が6月1日に催されたことから、結婚式を6月に挙げと女神ヘラの加護を受けて生涯幸せになれると云われる習慣ができたと言われています。

こんな素敵な言い伝えがある季節に結婚式を挙げることは、女性なら誰しもあこがれますよね。
ただ、日本では梅雨の時期と大変天候が読めない時期でもあり中々難しい所もあります。
本家ヨーロッパは、6月から雨のすくない天候恵まれる日が多くなっていく時期で町中が祝福ムードに包まれるという説もあります。

こんなに幸せな言い伝えがあれば、花嫁のみなさんはこの時期にあげたくなりますよね。
6月は人気がありますので、式場の予約を早めにとることをおすすめします。
6か月前には、予約するのが一般的ですので、前年の12月には、仮押さえしたいところです。
特に、大安や六輝は日取りがいいとされていますので、人気があります。
早いかたでは、一年前から予約されている方もいらっしゃるそうです。

直前になって慌てないためにも、早めの準備がおすすめです。
式場の下見や決定は、お値段や招待する人数、希望する演出などで変わってきますが、凝った演出を希望しない限り、ほとんどの式場で実行できると思います。
ぜひ、イメージを頭に入れてから下見されることをおすすめします。
こちらにはテーマパークで結婚披露宴について掲載されています。女性なら誰でも憧れてしまうディズニーリゾートでの挙式についてなど。是非お読みになってください。

Menu