門出

結婚式のサムシングフォーって何?

Something fourとは、4つの何かという意味です。
「Something Blue」「Something Old」「 Something New」「 Something Borrow」からなります。
花嫁はこれを身に着けると幸せになれると言われています。

「Something Blue」とは、何か青いもので、花嫁の純潔の象徴です。
青は、花嫁の純潔や貞定、清らかさの象徴の色です、聖母マリアの色ともされています。
この青は、人目につかぬように、指輪の一部に青を入れるとか、花束に一つ青い花を入れるなどで用いられます。

「Something Old」とは、何か古いもので、先祖から受け継がれた幸せや富の象徴です。
これからの新生活の幸せを祈るものです。
母や祖母からネックレスやイヤリング、などのジュエリーを受け継ぐのが多いようです。

「Something New」とは、何か新しいもので、新生活の幸せの象徴です。
当日に新しくおろしたものならなんでもOK.。
ベールや手袋など結婚式で使うものでもいいですね。
花嫁さんらしく、ハンカチやお化粧品も人気があります。

「Something Borrow」とは、何か借り物で、隣人愛の象徴です。
既に幸せな結婚生活を送られている方から、幸せをおすそ分けしてもらうという意味があります。
既に幸せな結婚生活を送られている方から、結婚式に使われたベールや手袋、ハンカチを借りるのもおすすめです。

これを結婚式、披露宴に取り入れて演出の一つにされている方もおられます。
たとえば、何か青いものは、ブーケに青いものを入れる。
ドラジェに青いものを選ぶ、テーブルコーディネートを青くする。
こちらは、人目につかない方がいいので、下着に青いリボンをつけたり、ブルーのアンクレットもおすすめです。

何か古いものは、母や祖母から譲り受けたジュエリーを付ける。クラシックカーで登場する。
小さいころの写真を飾るなども。
何か新しいものは、新しいペンを用意して結婚証明書にサインする、靴を新しいものにするなどです。
あなたが結婚式に参加する場合、新しいハンカチをプレゼントするのも素敵ですね。

何か借り物は、すでに幸せな結婚をされている方から何か借りる演出を何か借り物は、すでに幸せな結婚をされている方から何か借りる演出をするのは、いかがでしょうか?
ぜひ、この言い伝えで幸せになってくださいね。

こちらには結婚披露宴に関するあるある情報がたくさん載っています。
衣装や演出方法など参考になる情報ばかりですので、是非ご覧になってみてください。

こちらの口コミで人気育毛シャンプーランキングも是非ご覧になってください。

Menu