門出

二部制の結婚式とは?

結婚式を一部、二部にわけて行う方法です。
一般的に一部を親族と2部を友人と行います。
大人数でも対応でき、費用も日をわけるより1,5倍とお安くなります。
1、2次会の感覚で披露宴を行えます。
2、一部では、フォーマルな披露宴を2部では、パーティー形式の披露宴はいかがですか?

メリットは、格式を重視するご両親なども納得する。
友人とも楽しい時間を過ごせる、別の日に行うより費用が抑えられる、雰囲気を変えた披露宴で新郎新婦は2回楽しめる。

デメリットとしては、挙式に参加された方を2部まで待たせる。
費用が少し高くなる、新郎新婦は休む時間がない、一日ドレスをきているので疲れる、スケジューリングが大変などです。
特に一日中ドレスをきているのは大変ですし、疲れは顔に出てしまうことも。
しっかり休める時間をつくることも重要です。

考えるおすすめプランもご紹介していきます。
午前に挙式1部披露宴。
午後2部披露宴
1部挙式では、キャンドルサービスや両親絵の手紙などのベーシックな演出を。
2部挙式では、キャンドルリレーやテーブルラウンドの際に写真を撮るなど、アットホームな雰囲気の演出を。

午前からお昼にかけてキリスト教式で挙式、一部披露宴
ナイトウエディングで、人前式挙式、2部披露宴
この方法では、1部と2部の間に時間がありますので、いったん休憩することもできます。
また、挙式に出てもらった方を2部まで待たせる必要もありませんので、嬉しいですよね。

このような方法が、2部制の結婚式になります。
特に、格式を重んじる場合や、大人数になる場合のお式にお勧めの方法です。
招待するお客様を選ばなくていいのはうれしいポイントですよね。

ほかにも、時間がなくてできなかった演出を2部で行うなど、新郎新婦も納得できる披露宴になりますよ。
特に、凝った演出を行う場合、お時間が足りなくなることも少なくありません。
ぜひ、納得できる挙式、披露宴を行ってくださいね。

Menu